2014年09月16日

円安止まらず。

円安が加速している。この10日間くらいで、
USドルは105円から100円のレンジ相場を抜けて、
一気に2円の円安になった。

これは、アメリカの緩やかな景気回復に伴い、
これまでに行ってきた、アメリカの金融緩和が縮小される
との予想からである。
アメリカの金融緩和が、縮小されると、金利が上がるかもしれない。
すると、ドルを買って、円やユーロなどを売ることで
ドル買い円安が加速するのだ。

しかし、世界的な経済成長が、思ったより悪いので、今
原油の値段がすこしづつ値下がりしてきている。
イラクの情勢不安なときは、1バレル107ドルをつけたが
現在は、92ドルくらいまで下がっている。

しかし、円安なので、石油製品の価格は思うように下がらない。
これ以上の円安は、身の回りの生活必需品を上昇させる
要因になるので、勘弁してほしいところである。
posted by sam at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。