2014年01月23日

東京オリンピックの経済効果を試算

2020年に行われる、東京オリンピック開催に伴う経済波及効果を
民間のシンクタンクである、竹中平蔵慶応大学教授が所長をしている
都市戦略研究所が試算した。
それによると、東京オリンピックの開催で、全国で述べ約121万人の
雇用を生み出すと見ており、政府の規制緩和などで人材の流動化を促す必要が
あるとも指摘している。
東京オリンピックの経済効果は、東京都が施設整備や運営費などで
約3兆円としている。今回の試算は、これに加えて、外国人観光客の
宿泊施設の増加、鉄道や道路の整備の前倒し、消費活性化に加え
規制緩和による外国企業の進出で雇用も増えて、その経済効果は16兆円と
試算した。この金額に、東京都の試算を加えると、約20兆円となる。
この金額は、国内総生産の成長率に換算すると、0.3%もの
押し上げ効果になる。

あくまでも、資産のために、参考にする程度でよいだろう。
posted by sam at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。