2013年09月30日

国民の怒りは何処へ。

明日は、安倍首相が、消費税の増税を宣言する日だといわれている。
たかが3%アップというが、来年は消費税だけでなく、その他の減税も
なくなるので、一世帯当り、年間で16万円くらいの負担増になる
といわれている。

明日、10月1日から、われわれの日常の食料品が値上がりする。
パン類は小麦相場の高止まりから、原料の値上げに伴いあがるといわれている。
その他、ごま油や、経済の優等生といわれている鶏卵もこのところ
すごくあがっているのである。

消費税3%アップのことに関して、昨年11月に当時の野田総理と
安倍自民党総裁の間での党首会談で、国会議員の身を切る改革を
次の国会内で行いましょう。約束ですね。安倍総裁もわかりました
といっていたのに、そのことは何処へ行ったのだろう。

国民に、負担ばかりかけて、税金の無駄遣いばかりやっている
国会議員や官僚は、何も痛みを伴っていない。
普通の企業なら、降格の処分が下されて当たり前であるが
ぬるま湯につかっている国会議員や、それをきちんと責めれない国民。
選挙が終わってしまえば、自民党のやりたい放題。

国民の怒りは、何処にぶつけたらよいのだろうか。
posted by sam at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。