2014年04月12日

消費税増税そのあとは・・・。

消費税が、増税された。その後はどうだろうか。
当方の以前指摘した記事にもあるが、白物家電を中心とした、家電製品は
軒並み前年比30%以上の売り上げ落ち込みで、早くも値下げ競争が
始まったようである。本日夜7時からのNHKニュースでも報道されていたが
増税後の販売不振は、予想以上とのことである。

このことは、価格ドットコムのサイトでも確認できる。
価格ドットコムの家電ページでは、その商品ごとの、価格推移が見れる。
この価格の推移を見ていると、世の中の家電製品の価格の推移が
よく見れるのである。多くの家電製品は、発売直後から値下がりしていき
一旦の下値をつけると、そこから価格が少し上昇するが、次の下値に向かっていく。
このことは、安売り価格で薄利多売を行っているメーカーの在庫が
なくなると、値段がすこしづつ上がっていき、また薄利多売の会社に
商品が入荷すると、値段が下がっていく。このような動きをするのが
一般的であるが、多くの商品が、今年の増税前の2月、3月に値上がりを
していて、消費増税後の4月1日を境に、値下げが続いているのである。
その値下がり率は、消費税増税の3%をすでに超えており、この後も
このトレンドは続いていくと思われます。

消費税値上がりの反動というよりも、増税前の駆け込み需要の反動は
予想以上に大きくなると思われ、この後の景気減速が心配である。
一番心配なことは、このたびの増税された税金の約8兆1千億円が
本当に社会保障のためにだけ使われるのか。国民全体の目で
じっと見ていかないといけないことが、今後の我々納税者の
勤めであると思います。
posted by sam at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。